再処理

六ケ所再処理工場周辺の放射能汚染が明らかに!

新年明けましておめでとうございます。

六ヶ所村の再処理工場は自滅の道を歩み続け、再処理工場からの放射能放出が止まっているので、ちょっとのんびりペースになっています。
危険な高レベル廃液を貯留しているのでこれが漏れたら大変ですが・・・。

この冬は八甲田に降る雪が放射能で汚染されることを心配する必要がありません。
今シーズンは1月と2月に1回づつ八甲田行きを予定しています。その次は4月かな。

とは言っても、今までの試験運転期間中に放出(合法的に海と空に廃棄)した放射能による汚染状況が、国の事業で行われた調査((財)環境科学技術研究所実施)の測定データから明らかになってきました。

工場立地の説明では気体廃棄物は煙突から高速で排出し、液体廃棄物は沖合いから海流に乗るように排出するので工場周辺にほとんど蓄積しないとされていましたが、工場に隣接し太平洋につながる尾駮(おぶち)沼では、ヨウ素129が3年前と比較してプランクトンで83倍、水草のアマモで15.9倍、エビで17.9倍、カキ類で25.9倍などと急速に汚染されています。
放射能の量としてはまだわずかですが、ヨウ素129は半減期が1600万年。人間の寿命から考えたら永久に不滅です。甲状腺に濃縮しやすくガンなどの障害をもたらします。

原発事故で真っ先に問題にされるヨウ素はヨウ素131で、放出量が多く半減期が8日と短いため、事故直後から1~2ヶ月の対策が重要です。
ヨウ素129は微量ですが長寿命のため蓄積されていきます。

周辺の住民はもちろん、青森の農作物や太平洋沿岸の海産物を食べる消費者を政府公認の「被曝実験」に巻き込むのはやめて欲しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立候補予定者アンケート結果報告サイトの紹介

 8月11日早朝の駿河湾地震にはビックリしました!!

 幸い浜岡原発には大きなトラブルがなく、人的被害も少なくてよかったです。

 原発施設内で放射線レベルが上昇したエリアがあり、現在原因調査中ですが、徹底調査をお願いしたいです。また、設備や機器類にもひずみが生じているはずですから、それもごまかさないでやって欲しいです。

 浜岡原発は東海地震の想定震源域の中に立っています。今回は配管の破断など大きな事故にはならなかったけれど、このまま運転を停止したままにするのが一番安心・安全です。

 *********************

 衆議院選挙が近づき、立候補予定者アンケートの結果がネット上で公開されています。

「六ヶ所再処理工場」に反対し放射能汚染を阻止する全国ネットワークが行った「六ヶ所再処理工場」に関する衆議院議員選挙立候補予定者アンケート結果は、日本消費者連盟HP 
http://www.nishoren.org/campaigns/campaings-contents/090807rokkasyoQ.htm でご覧ください。

東京の地球環境と人々の暮らしを守る国際環境NGO「FoE Japan」を始めとする市民団体は「MAKE the RULE(メイク・ザ・ルール)キャンペーン」の中で、今回の衆院選の立候補予定者に地球温暖化問題への考えを聞いたアンケートの結果を公表しました。

未来を選べ! 衆議院議員選挙候補者をエコチェック
http://www.maketherule.jp/dr5/votecheck

皆さんチェックして、未来を選んでください!!

衆議院選挙は「選挙区」は「候補者名」、「比例区」は「政党名」で投票しないと無効になります。

各政党のエネルギー政策については前回ご紹介しましたが、政府との交渉の場を設けたり、国会での質問や資料請求などで頑張ってくれているのが、福島瑞穂さんを初めとした社民党の皆さんです。今回は政権交代を実現したいですが、小選挙区制の衆院選では小政党が圧倒的に不利なので、政党名で記入する「比例区」では「社民党」をお忘れなく!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

政権交代でエネルギー政策の転換を!

 衆議院選挙の投票日が8月30日に決まり、明日18日が公示です。

 皆さんは今回の衆院選の争点は何だと考えていますか。政権交代の可能性が高くなっただけに、マスコミの取り上げ方も力が入っているし、日常的にも話題になる機会が多いように思います。

 残念ながら、経済・雇用対策、年金問題などと比べて、エネルギー政策、特に原子力発電・核燃料サイクル推進の是非についてはあまり取り上げられていません。

 自民党、公明党、民主党の3党が原子力推進のマニフェストだからという事もあるかもしれませんが、社民党は「脱原発をめざし、核燃料サイクル・再処理を中止します。プルサーマル計画に反対します。」と明記しており、共産党も「危険な原発だのみの「環境対策」をあらためる……事故や廃棄物による放射能汚染という環境破壊の危険も大きく、安全上も、技術的にも未確立な原発に頼った「温暖化対策」はやめるべきです。」としています。

 6月18日、総合資源エネルギー調査会電気事業分科会原子力部会の議論を経て、経済産業省が「原子力発電推進強化策」をまとめました。「温室効果ガス排出削減のために、原発比率を、2020年時点で40%程度とする必要がある。」と目標を設定し、その実現のため、「既設炉の高度利用、新増設・リプレースの円滑化、核燃料サイクルの推進、国民との相互理解促進、地域共生、国際的課題への対応」の6分野について強化策が掲げられています。

 自公政権が継続すると、この計画を推進するためにこれまでの原子力予算に加えて、環境関連予算も原子力推進に投入されていきます。民主党中心の連立政権が成立すれば、社民党、共産党との連立協議の中で、すくなくとも「いけいけドンドン」にブレーキをかけることができます。

 エネルギー政策の今後を決める上でも重要な選択になるということをお忘れなく!!!

 ( ^)o(^ )  ( ^)o(^ )  ( ^)o(^ )

 このメルマガの読者の皆さんは大丈夫だと思いますが、政府や電力会社のキャンペーンにだまされている人は結構多いです。
 
 日本の政策はエネルギー政策も含めて、今までの利権を守るために屁理屈をこねているとしか思えず、本当に持続可能で地球に優しく、もちろん人にも優しいビジョンが見えません。欧州は積極的に再生可能エネルギーへの転換を進めています。米国もオバマ政権の誕生によりグリーンニューディール政策に舵を切りました。日本は「原子力ルネッサンス」などと言って、原子力偏重の政策をとり続けていると、世界のエネルギー革命の潮流から取り残されるでしょう。

 地球にやさしい暮らしで地域経済の発展をめざす、食とエネルギーの地産・地消を実現して新たな雇用と消費を生み出すことを温暖化対策の柱とした制度の創設や予算(特別会計)の全面的な見直しが必要です。

 そして、年金や医療、教育など生活関連の政策・法制度について一言付け加えさせてもらうならば、「夫はサラリーマン、妻は専業主婦、子供が2人」が標準世帯などという、いったい何%の国民を対象にしているのかというようなモデルで制度設計するのは完全な誤りです。個人を基礎として、どのような組み合わせの生活スタイルでも、基本的人権=人として生きる権利が保障されるように、抜本的に見直す必要があります。

 実現までの道のりは楽観できませんが、自民党政権のままでは実現不可能なことは確実です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

NHK Save the Future に投稿したけれど

6月20日、21日のNHKの特番Save the Future 見ましたか。

関連番組を含めて、様々な人たちの具体的な活動紹介あり、討論番組ありでしたが、「原子力を地球温暖化対策の中核にすえる」などという日本政府の方針とそれに賛同する(だまされた)意見には一言反論したくて、NHKのホームページから意見を送りました。

字数が400字以内に制限されていて、予定の原稿を全部送れなかったので、こちらで紹介します。以下予定原稿です。

 (^O^) )^o^( (^O^) )^o^( (^O^) )^o^( (^O^) )^o^(

2日間の様々な番組、電気を使うなーと思いながらも、ほとんど見ています。
一人一人の小さな行動の積み重ねが大切だと思い、マイ箸、エコバッグ、ペットボトルはなるべく繰り返し使うなど、できるだけ続けていくつもりです。

しかし、どうしても納得できないのは、日本政府が原子力発電を温暖化対策の中核にすえ、国内に限らず海外にも技術協力しようとしていることです。

原子力発電は発電時には二酸化炭素を出しませんが、ウラン鉱石の採掘から精錬、濃縮、成型加工など核燃料をつくるまでに、放射性の廃棄物大量に発生します。発電後の使用済み核燃料からウランとプルトニウムを取り出して再利用するという核燃料サイクルは、計画の見直しと延期を繰り返し、サイクルになっていません。六ヶ所村の再処理工場は実際の使用済み燃料を使ったアクティブ試験を1年で終える計画でしたが、トラブル続出で3年かかっても試験を終えることができないままです。

このアクティブ試験では原発1年分の放射能が1日で海と空に放出されました。再処理工場では経済性を理由に放射能の大量放出が、国によって許可されているということも大きな問題です。本格稼動したら、連日大量の放射能を撒き散らします。大変な環境汚染が引き起こされることを国はごまかしています。

高レベル放射性廃棄物の処分場所も決まっていません。直接人間が近づくことができず、何万年、何十万年も管理しなければならないようなものは、いくらお金を積まれても誰も欲しくないに決まっています。

一般家庭に太陽光発電を普及させるための制度を整備することには賛成ですが、電気料金の形で家庭の負担が増えるのをお願いする前に、電気の消費量に応じて既に税金として徴収している特別会計の使い道を公表して、国民の納得の得られるものにして欲しいです。

こうした問題について、ぜひ今後のNHKの番組で取り上げてください。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

高レベル廃液のガラス固化はトラブル続き

 4月4日、青森市内で開催された「反核燃の日」市民集会と全国集会&デモに参加した後、八甲田に行ってきました。六ケ所再処理工場は再起困難と見られますが、私のスキーも登り・滑りとも絶不調です。

 六ケ所再処理工場では、2009年1月21日と2月1日の2度にわたり固化体製造工程のセル内に高レベル放射性廃液を漏らしました。

 ガラス溶融炉の出口にガラスと金属が詰まってしまったのを何とかしようといろいろな作業を試みている間に、配管の接続部(フランジ)から高レベル放射性廃液(近付いただけで20秒で即死)が漏れだしていたのに気づかずに2週間近く放置。気づいた後の対策が不完全で同じ場所から2回も漏れた!

 原燃社長が、記者会見で明らかにした高レベル放射性廃液の漏れた量は、150リットル。風呂桶半分ぐらいです。この内、回収されたのがたったの17リットルで、「漏れた液が回収されるまでに蒸発して4.4倍の濃さになっていた」と発表しました。もたもた回収に手間取っているあいだに自己発熱でどんどん蒸発して、すぐに4倍の濃さになってしまったのです。蒸発して量が少なく見えた為に、「漏れがたいした事は無い」と勘違いした節があります。

 回収出来なかった分の133リットルはひからびてしまったのですが、放射能がなくなったわけではなくガラス溶融炉のある部屋(固化セルといいます)の配管や床などにこびりついて、強い放射線を出しながら自己発熱を続けます(近くに可燃物があれば火災・爆発事故に繋がります)。

 原燃は洗浄作業を試みましたが、高レベル廃液は硝酸濃度が高いため、とても腐食性が強く、鉄製の部材が錆びてしまい、作業監視カメラ用と遠隔操作用のマジックハンド(パワーマニピュレーター)を動かすクレーンが故障しました。

 また、洗浄作業の方法に問題があり、分厚い壁で隔てられた保守エリアで高い放射線が検出されていたことが、4月2日の原子力安全保安院による指示文書で公表されました。4月10日の原燃の報告書では、原因は汚染水が貫通スリーブを通して作業員が点検等で立ち入る保守エリアに染み出したためで、作業方法を改善するとしています。

 4月4日に開催された反核燃の日青森集会では、トラブル対策で新たなトラブルを次々と作り出している日本原燃という組織の問題についても、批判の声が集中しました。

P4040005 P4040007

 まったく想定外の作業が連続し、人間が近寄ることができないのですからお手上げです。原燃も電力会社も日本政府も責任を取りたくないので認めないでしょうが、今回失敗したガラス溶融炉はもちろん、場合によっては放射能で汚染された設備やセルなどが完成前に放射性廃棄物の塊と化すことも予想されます。

 21年度から予算を取った改良型(現在の構造を少し手直ししただけ)のガラス溶融炉を急いでつくり、何とかごまかすことを考えていると思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水口憲哉氏講演会「放射能を海に捨てるってほんと?」報告

 131日(土)午後、横浜市技能文化会館にて資源維持研究所を主宰している水口憲哉さん(元東京海洋大学名誉教授)の講演会をストッププルトニウム神奈川連絡会と日本キリスト教団神奈川教区核問題小委員会で共催しました。あまり見かけたことのない顔もあり、予想を超える70名の参加者が水口さんのお話に熱心に耳を傾けました。

Mizuguti

 再処理工場からの放射能放出問題について、初心者にもわかりやすい「放射能がクラゲとやってくる」(七つ森書館)の内容を話してもらうつもりで企画しましたが、水口さんから届いた資料のタイトルは「地球の未来と私たちのくらし―命の源“海”と六ケ所再処理工場を考える―」という大きなもの。原子力施設による海洋汚染の歴史、原発と再処理工場の放射能放出量の比較、ヨウ素129(半減期1570万年)による汚染の問題点、放出された放射性廃液の日本原燃による拡散予測とハガキによる拡散状況調査の違い、実際に英仏で再処理工場が稼動し放射能を捨てている北海沿岸でのアザラシの大量死事件など、20089月に経済産業省で行った意見陳述の内容を中心に話してくださいました。

 水口さんの当日の講演資料PDFはこちらからダウンロードできます。

 水口さんのご了解を得て公開します。

 「2009.1.31 in yokohama by mizuguchi.pdf」をダウンロード

また、Kanno私たちがつくった講演会のお知らせに豊かな三陸の海を守る会が岩手県内市町村議会で実施した放射能を海に捨てないでという議会請願の成果(岩手県内35市町村中、32市町村で採択、2市町で継続審議、盛岡市と岩手県議会は不採択)を紹介したら、宮古から菅野さんがぜひ発言したいと来浜。重茂(おもえ)漁協(宮古市)からのメッセージDVD上映と併せて時間を取り、内容充実の講演会になりました。

 20058月末から9月初めにかけて岩手県久慈市、宮古市、陸前高田市、続いて宮城県気仙沼市で講演し、水産資源を守ってきた岩手、宮城の生産者と消費者に再処理工場の放射能放出をやめさせることの重要性を訴えてきた水口さんの活動が、豊かな三陸を守る会の請願運動を生み出し、生活クラブ連合会やサーファーなどへ運動の広がりをつくりだしています。Kaijou

 最後に神奈川から、横須賀港の米軍基地が原子力空母ジョージ・ワシントンの母港とされ、米本国からメンテナンス要員が400名もやってきたこと。人口密集地に原発が立地したのも同然なのに日本の法律は全く適用されず、横須賀市の対応も不十分なため、市民に広く放射能災害の危険性を訴えるにあたり、自主的対策として横須賀市内の薬局の協力でヨウ素剤を購入できるようにしたことなどを報告しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラス固化体が作れず運転停止~このまま再処理中止を!

 ガラス固化体製造試験は最終試運転のヤマ場。2007年11月に開始し、2008年2月には試験を終了し本格稼動に入る予定だったが、試験開始翌月にはガラス溶融炉内でガラスの粘性が高まるトラブルが発生し試験を中断。

 2008年7月2日に製造を再開したが、溶融炉から溶融ガラスをステンレス容器に流し込む流下ノズルで目詰まりを起こし、わずか13時間で再中断。10月に再再開したが、11月23日に攪拌棒がL字型に曲がっているのを確認し、11月25日に再再中断を発表。当初、2009年2月竣工予定と発表したがその後の調査で、試験再開の見通しは立っていない。

 この間、日本原燃は、溶融炉の運転方法を見直し、溶かしたガラスと放射性廃棄物をかき混ぜ、炉の底の出口から流し出すための攪拌棒を新たに付け加えるなどの対策で誤魔化して、何とかガラス固化体を作ろうとしたが、全て失敗に終わった。

 施設の許可を出した国も日本原燃も本質的な欠陥炉であることを認めようとせず、まだ何とか誤魔化そうとしているが、白金族のような高融点金属が炉底部に堆積して流下ノズルを塞ぐ可能性が十分検討されないまま設計されたと考えざるを得ない。

 困ったことに、六ケ所再処理工場の中でこのガラス固化体製造設備だけが純国産技術。日本原子力研究開発機構と石川島播磨重工の開発した技術だから前例がない。高レベル放射性廃棄物を扱う最も放射線が強い工程だから、全てが遠隔操作のカメラによる調査とマジックハンドの作業。簡単に改造できるような代物ではない。

 既に、建設費は2兆円を超えている。施設全体が放射能で汚染される前に中止するように訴えてきた私たちの声を無視して、不完全な技術をきちんと審査せずに、ここまで試験を進めてしまった責任は許可を出した政府(経済産業省)にある。

 政府、日本原燃、電力会社は、これ以上の無駄遣いをせず、試験の失敗を認め、再処理中止の決断を!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/31講演会「海に放射能を捨てるってほんと?」続報

1/31水口さんの講演会のチラシ(最終版)ができましたのでダウンロードしてご利用ください。

「20090131v4.pdf」をダウンロード

当日のプログラムでは
岩手の漁協の中で真っ先に再処理工場反対の決議をあげた重茂(おもえ)漁協からのメッセージDVDを入手しましたので、水口さんの講演に続けて上映します。

内容は、11/29ストップ再処理市民集会用に作成したメッセージで、重茂漁協の組合長さんが直接飲んでも安全なもの以外は海に捨てないでくださいと訴えています。
きれいな景色や豊かな海産物、子どもたちの歌も入って、12~13分ぐらいです。

講演会の日時と会場は次のとおりです。

開催日時:2009年 1月 31日(土) pm.2:00~4:30

会場:横浜市技能文化会館 8階大研修室  ℡045-681-6551
    JR根岸線関内駅南口から徒歩5分
    横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅出口2徒歩3分

講師:水口憲哉さん (東京海洋大学名誉教授・資源維持研究所)

詳しい内容は、チラシをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演会「放射能を 海に捨てるって ほんと?」

開催日時:2009年 1月 31日(土) pm.2:00~4:30

会場:横浜市技能文化会館 8階大研修室  ℡045-681-6551
    JR根岸線関内駅南口から徒歩5分
    横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅出口2徒歩3分

講師:水口憲哉さん (東京海洋大学名誉教授・資源維持研究所)

原発1年分の放射能をたった1日で捨ててもOKなのが使用済み核燃料を再処理する工場です。エネルギー政策の一環として、大地や海に放射能が捨てられていることはほとんどマスコミで報道されません。
 食品偽装や農薬混入事件、食料自給率の低下など、食の安全確保には国内生産・地産地消が大切なのに、海や大地を放射能で汚しても良いなんて信じられますか?
 青森県下北半島の六ヶ所村で海に捨てられた放射能は、海流にのって太平洋岸を南下し三陸や宮城沖の豊かな漁場を汚し、東京湾の入り口までやってきます。国は、大量の放射能を海に捨てても薄まるから大丈夫だと許可しましたが、その説明はごまかしだらけです。工場の計画段階から、その危険性を訴えてきた水口先生に、本当のことをわかりやすくお話しいただきます。

詳しい内容は、チラシをご覧ください。

「20090131v2.pdf」をダウンロード

講演会の趣旨に賛同し、参加者の拡大に御協力頂ける団体・個人の方のお名前をチラシに掲載いたします。賛同による金銭的な負担はございません。

12月20日までにご連絡ください。詳しくは賛同呼びかけ文をご覧ください。

「2009131yousei.doc」をダウンロード

神奈川での脱原発・反核燃料サイクル運動のネットワーク拡大にぜひご協力ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G16市民サミットin青森

 5月末に延期されていた六ケ所再処理工場の竣工はまたまた7月まで延期されましたが、「第4ステップ」の宿題《ガラス固化体製造》はまだ合格点をもらえる見通しが立っていません。6月7~8日に青森で開催されたG8エネルギー大臣級会合に間に合わず、7月の洞爺湖サミットまででも無理そうです。

 青森のG8会議に対抗して開催された市民イベントG16inあおもり No Nukes Paradise に参加してきました。

 核燃サイクル施設の立地以前から活動を続けてきたオールドパワーと大量の放射能放出の事実を知って動き出したサーファーや食の安全を求める生協などのニューパワーがジョイント。とても元気の出るイベントで、青森自慢マーケット&ライブ、屋外集会、デモ(パレード)、全国交流会、エネルギーサミット対抗シンポジウム、G16市民サミットなど盛りだくさんの二日間でした。

Ts2c0085

Ts2c0090

 

新潟からの報告で、とても気になる話を一つ紹介します。刈羽村のサクラの花弁調査で例年はほとんど見られなかった異常が今春のサクラでは急増したとのこと。昨年7月の中越沖地震で原発から放射能が漏れ出していた影響だと思われます。再処理工場からの放射能放出による汚染・・・人体への影響がわかってからでは遅すぎるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧