文化・芸術

「原発かるた」お勧めです!

昨年末に他のメーリングリストで「原発かるた」が紹介されていました。

チラシでは、12月29日発売予定、年内発送をめざしておりますとあったので、さっそく注文して、1月2日に姉の家に娘二人(私の姪)とその子供が集まった機会にかるた大会をして盛り上がりました。

版画の絵札はとっても優しいけど、字札の文章はどれも風刺が効いて、「そうそう」とうなずけます。

Karuta


作者は「古知屋恵子(こちやけいこ)さん」、神奈川県茅ケ崎市に住む版画家です。

昨年11/13~11/25に茅ヶ崎市内のギャラリーと12/1~12/7に都内のギャラリーで展示した時に評判を呼び、昨年末の販売開始に向けて頑張ってくださった方のおかげで入手できました。

問い合わせと注文は原発かるた事務局まで

genpatsukaruta@yahoo.co.jp

茅ヶ崎展の取材記事は11/24東京新聞に掲載され、複数のブログで紹介されていました。

http://blog.livedoor.jp/genpatu_no-news/archives/67126760.html

http://nonukeschi.exblog.jp/17126990/

かるたに同封されている古知屋さんからのメッセージを転載します。

 ***********

私たちがこの地球上からいなくなっても核のゴミは残される。

国は原発の利点ばかり伝えてきたが国策というならマイナス面や事故をきちんと公表してほしい。そして私たち一人一人が原発を続けるか、やめるか必ずどちらかを選ぶべきであろう。

どちらを選んでもその結果おきることを引き受ける覚悟をしなければならない。

そして私たちが決めたことをきちんと子どもたちに伝えよう。

老若男女、Letsかるた。

原発事故を忘れず、原発についておおいに議論しよう。

古知屋恵子

 ***********

| | コメント (1) | トラックバック (0)

祝島のこころみ~原発反対から、海とともに生きる自立した島へ~

《講演会のお知らせを転載します》

瀬戸内海の中でも豊かな自然が残る麗しの周防灘をのぞみ、 古くから漁業を生業として暮らしてきた祝島(いわいしま)の人々は、命を育む豊かな海の恩恵を未来の子どもたちにも残していこうと、長年にわたって開発に反対し、島の暮らしを守ってきました。

中国電力が祝島から3.5キロの対岸、田ノ浦に上関(かみのせき)原子力発電所を建設する計画を発表したのは、1982年のことです。

祝島の人々は以来28年に渡ってこの計画に反対してきました。
いま、原発建設に先立って、田ノ浦の埋め立て計画が進行しています。

計画への反対が若い世代の共感を呼んでいる中で、祝島には、
海を守るだけでなく、エネルギーの自給自足を目指している人たちがいます。

「祝島島民の会」から、映画『ミツバチの羽音と地球の回転』出演者である山戸孝さんを招いてお話会を開きます。
日本生態学会上関要望書アフターケア委員で、貝類多様性研究所所長の山下博由さんにもご参加いただき、「奇跡の海」とよばれる上関・田ノ浦の生態系のすばらしさを解説していただきます。

みなさんのご参加をお待ちしています。


●お話:山戸 孝さん(上関原発を建てさせない祝島島民の会)
      山下博由さん(日本生態学会上関要望書アフターケア委員、貝類多様性研究所所長)

●日時:2010年11月27日(土) 午後2時~5時(1時半開場)

●場所:カタログハウス本社セミナーホール
    (map)http://www.cataloghouse.co.jp/study/
    東京都渋谷区代々木2-12-2 カタログハウス本社ビルB2F/JR新宿駅南口から徒歩8分

★要予約★(氏名、連絡先をお知らせください)
予約・問合せ先:
  原子力資料情報室(永井、伴)TEL:03-3357-3800、FAX:03-3357-3801
 E-mail: dousuru_net◆mail.goo.ne.jp →◆を@に変えて送信してください。

*祝島と田ノ浦の写真展示あり

●資料代:500円

●定員:100人

●フライヤーpdf
 http://cnic.jp/files/20101127iwaishima_flyer.pdf

●主催:上関原発どうするの? ~瀬戸内の自然を守るために~
    http://kaminoseki.blogspot.com/
    認定NPO法人原子力資料情報室(03-3357-3800 担当:永井・伴)
    http://cnic.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月15日横浜上映会のチラシ(フライアー)です

フルカラー版(B5)と白黒印刷対応版(A4)があります。

フルカラー版(B5)

「bunbun_0915flyer.pdf」をダウンロード

白黒印刷対応版(A4)

A4判には横浜上映会実行委員会参加団体が記載されています。

「0915_a4_flyer.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミツバチの羽音と地球の回転横浜上映会にご協力ください

公式ホームページはこちらです。

http://888earth.net/index.html

横浜上映会のくわしい内容は、賛同依頼文をダウンロードしてご覧ください。

「9.15yokohama(sandou).pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ミツバチの羽音と地球の回転」9月15日横浜上映会

持続可能な社会に向かう“スウェーデン”、原発建設による環境破壊の危機に瀕する“祝島”、エネルギーの未来を切り開く人々を描く、鎌仲ひとみ監督の最新作「ミツバチの羽音と地球の回転」がついに完成しました。「ヒバクシャ―世界の終わりに」(2003年公開)、「六ヶ所村ラプソディー」(2006年公開)に続く長編ドキュメンタリーです。

瀬戸内海に浮かぶ祝島では千年も前から自然と共にある暮らしが続いています。島民は豊な海を埋め立てる原発建設計画を阻止しようと28年間も闘っています。一方、北欧スウェーデンでは持続可能な社会に向けて、脱原発・脱石油へとエネルギーをシフトし始めました。祝島―スウェーデン、カメラは国の違いを超えて再生可能な自然エネルギーへの未来を切り開く人々の姿を見つめ、私たちに何ができるのかを問いかけてきます。

ひとりでも多くの方にこの映画を見ていただきたいと考え、横浜上映会を次のとおり開催します。

開催日及び会場

 2010年9月15日(水)

 横浜情報文化センター 情文ホール

 〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通11 Tel.045-664-3737

 みなとみらい線日本大通駅徒歩0分、JR・市営地下鉄関内駅徒歩10分

上映予定(DVD 2時間15分)

昼の部 上映Pm215430 講演Pm430500

夜の部 講演Pm540610 上映Pm610825

 *昼の部、夜の部ともに講演は鎌仲ひとみ監督

 一般   前売り800円、当日1000

 学生   前売り300円、当日 500

 高校生以下    無料

郵便振替による購入方法をおすすめします。

 郵便振替 口座番号00250-4-31574

 加入者名 プルトニウムフリーコミニケーション神奈川

 通信欄に必要なチケットの種類と枚数を明記してください。

 お申し込みのご住所宛にチケットを郵送します。

 (振込手数料は申込者負担、チケット郵送料は実行委員会負担です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜国際フォトジャーナリズムフェスティバル開催中

横浜では、9月3日(月)から16日(日)まで、2週間にわたり
「横浜国際フォトジャーナリズムフェスティバル2007」が
横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペースで開催されています。
初日と最終日以外は、11:00~21:00まで、入場料500円

主な展示内容は・・・
DAYS JAPAN「地球の上に生きる」写真展
 ・写真版 世界がもし100人の村だったら
 ・戦争・命の尊厳・光ある未来
「広河隆一」写真展
 ・チェルノブイリ取材20年展
 ・中東取材40年展

フォトフェスの併催行事(要予約)も盛りだくさんです。

9/8 15:00-16:30 赤レンガ倉庫 2Fラウンジ
「チェルノブイリ現地報告」写真とビデオ

9/8 19:00-21:00 開港記念会館
「生と死を見つめる」
 ・歌と写真によるチェルノブイリ ナターシャ・グジー、広河隆一
 ・母の旅―小児ガンの子とともに レネ・C・バイヤー

9/9 18:30-21:00 開港記念会館
「フォトジャーナリズムは何を伝え、何を守るか」
 ・フォトジャーナリストの役割 桑原史成、樋口健二、中村梧郎、大石芳野
 ・どうなってんの日本のマスメディア 斉藤美奈子、江川紹子
 ・戦場で消えたジャーナリスト 広河隆一
 
9/11 19:00-21:00 開港記念会館
「9.11とパレスチナ」
 ・9.11後の戦場の被害者たち 三科次郎(CNN)
 ・ダンスと映像パフォーマンス「9.11とパレスチナ」フィリア・プロジェクト
 ・映画「パレスチナ難民の60年」広河隆一パレスチナ記録映画制作委員会

他にもいろいろあります。
イベントの詳しい情報はホームページで確認してください。
 http://www.photofestival2007.net

| | コメント (0) | トラックバック (2)