« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

くり返すな! 原発震災  つくろう! 脱原発社会

津波の発生から1か月余りが過ぎ、復興に向けて動き出そうとしている岩手や宮城と原発震災によって復興計画の道筋さえつけられない福島との違いがはっきりと見えてきました。

政府もチェルノブイリ原発事故と同じレベル7の事故であることをやっと認めましたが、それでも放出された放射能の量はチェルノブイリよりも少ないし、汚染範囲も狭いと「安心安全キャンペーン」を続けています。
放射能の放出量比較は大気中に放出した量だけで、海に高濃度汚染水を垂れ流し、低濃度汚染水を意図的に捨てた量は算定できないといって見積もっていません。
福島原発4基分が抱え持っている放射能の総量はチェルノブイリ原発1基分の比ではありません。その何割が空や海、地中へと放出されるのか、まだ進行中なのです。

脱原発に向けて大きな声を上げていきましょう。

 **********

チェルノブイリ原発事故から25年
くり返すな! 原発震災 つくろう! 脱原発社会

4.24(日) 集会とデモ

集合場所:芝公園23号地
 都営地下鉄三田線 御成門駅(A1出口) 徒歩5分
集会開始:午後2時30分 デモ出発:午後3時30分

  ・・・・・・・・・・・・・・・

放射能汚染地に住んで25年 チェルノブイリの今を語る
海外ゲスト:バーベル・ヴドヴィチェンコさん
福島原発震災とチェルノブイリ:西尾漠さん(原子力資料情報室)

4.25(月) 午後6時30分から
総評会館 2階大会議室
 JR御茶ノ水駅から徒歩5分 地下鉄 新御茶ノ水駅すぐ・淡路町駅から徒歩3分
 資料代 1000円

主催:原発とめよう!東京ネットワーク

「4.24tirashi(4.14).pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »