« 「食品の放射能汚染を考える」学習会を終わって | トップページ | 東通村が最終処分場に名乗りをあげる! »

六ヶ所村ラプソディー横浜上映会

横浜で「六ヶ所村ラプソディー」を上映することにしました。

六ヶ所村のことを知らない特に若い人たちになるべく大勢見てもらいたいので、高校生以下は無料です。シルバー料金もあります。

1 開催日及び会場

 2007年2月22日(木)

 かながわ県民センター

 2階ホール(横浜駅西口徒歩5分)

2 上映スケジュール(16mmフィルム 119)

 第1回 上映 14:00~16:00  講演 16:10~16:40

 第2回 講演 17:50~18:20 上映 18:30~20:30

 *講演は2回とも鎌仲ひとみ監督です。

3 入場料

 ◎ 一般               前売り800円、当日1000

 ◎ 学生、シルバー 前売り300円、当日500

 ◎ 高校生以下         無料

映画のあらすじ

2004年、六ヶ所村に原発で使った燃料からプルトニウムを取り出す再処理工場が完成した。

この工場の風下には豊かな農業地帯が広がっている。菊川さんは12年前からチューリップ祭りを開催し、再処理計画に反対し、くらしに根ざした運動を実践している。

隣接した村々で農業を営む人々、特に有機や無農薬で安心、安全な作物を作ってきた農家もまたこの計画を止めたいと活動している。

一方、六ヶ所村の漁村、泊では職を失った漁師の雇用問題が深刻だ。村はすでに再処理を受け入れ、経済的にも雇用の面でも必要だという考えが行き渡っている。

2005年、イギリスの再処理工場で事故が起きた。取材で見えてきたのは事故の影響よりも、44年間日常的に放出されてきた放射性物質の行方だった。

圧倒的な力と経済力に、普通の人々はどうやって立ち向かっていけばいいのだろうか。その取り組みを、人々の営みをそしてそれぞれの選択を見つめてゆく。

映画を製作したグル-プ現代の公式ホームページは

http://rokkasho-rhapsody.com

音楽は津軽三味線奏者 倭(やまと)

|

« 「食品の放射能汚染を考える」学習会を終わって | トップページ | 東通村が最終処分場に名乗りをあげる! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

再処理」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
2月22日の横浜での上映会に参加したいのですが。
前売りはどこで買えるのでしょうか?

問い合わせ先が分からなかったので、こちらにコメントさせていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 佐々木コマキ | 2007年2月14日 (水) 00時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六ヶ所村ラプソディー横浜上映会:

» 「ぼくたちの空とポポの木」が朝日新聞さんの本日の夕刊に掲載 [Epsiloncafe]
いっしょに食べると仲直りができるという魔法の果物「ポポー」をキーワードに原爆を [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 17時58分

« 「食品の放射能汚染を考える」学習会を終わって | トップページ | 東通村が最終処分場に名乗りをあげる! »